香川日西協会について

平成26年 316

香川日西協会設立にあたっての趣意文

香川日西協会 会長

松田 清宏

 

日本とスペインとの関係は歴史的にも深く、江戸時代、伊達政宗が徳川家康の許可を得て、スペイン国王に派遣した慶長遺欧使節の大使 支倉常長が7年間の年月を要し日本人として初の太平洋、そして大西洋も横断をしてスペインに到着しフェリペ3世の謁見を果たしました。スペインに対する日本から初の公式使節団派遣から400年となり昨年6月から今年7月まで両国開港記念イベントが開催されています。

昨年、皇太子殿下がスペインを訪問されコンポステラ大司教とのお話の中で日本にも1200年続いている巡礼の道があるんですよと伝えたこともあり、香川とスペインの交流を図り創立総会の時から毎年スペイン大使閣下をお呼びして交流を深め、よりいっそうの発展を考えております。

又、日本とスペインは文化交流やスポーツの交流も多くなされており日本からは数多い観光客がおとずれています。近年は日本でスペイン料理がブームで香川県内にも多数のスペイン料理店ができています。 スペインでもさかんに行われている少林寺拳法、空手、柔道のスポーツの交流 やフラメンコダンス、盆栽、お茶、お花、書道などでの文化交流の発展も期待できます。

他方面においては1990年に丸亀市とサン・セバステイアンとの姉妹都市縁組もされており市内にはスペインの現代美術だけを展示する平井美術館があります。 高松市の男木島にはジャウメ・プレンサ(スペイン人)の設計の男木交流会館も出来ています。

県民の皆様、出来ればスペインまで毎年行き、スペインの文化、グルメ、風景、他を堪能してはどうでしょうか?

是非、ご興味をお持ちの方のご参加をお待ちしています。

 

[香川県国際課]


役員

名誉会長 平井卓也

会長   松田清宏

副会長  野崎敬三 岩崎敬子 山神眞一

専務理事 松岡敬文

 

 


入会方法

問い合わせフォームから入会希望の旨をご連絡ください。

入会手続きに関して折り返しご連絡させていただきます。

年会費:特別法人会員 30,000円 法人会員 10,000円 個人会員 3,000円